今、4Kをえらぶ悩ましさ

 先日から不調だったモニタですが、サポートに連絡して詳しく調べたところやはり、本体に問題ありでした。
軽くたたいたり電源のオンオフで30分以内に直るみたいな状況でデュアルでサブモニタがあるので、目下緊急性はないのですが、モニタの新調を意識しなくてはいけなくなりました。
 で色々調べたら、正直今はモニタを選びにくい時期だったりします。
新調するなら4Kだべさって感じですが、今のWindowsではMacのRetinaみたいな機能がなく、4Kはすげえこまかく(画面が広く)なるのでモニタのインチ数がそれなりに必要になります。
 今後そのままなら、素直に30インチくらいを買えばいいのですが、Windows10でRetinaみたいな機能が出て、4Kが今のHDみたくなる(その流れ自体は間違い無いかなあと思います)のが早いなら、将来の制作環境は4Kデュアルとかがメインになりそうで、そうなると24インチくらいで4Kというのが良いんだろうなあとなります。
 …ちなみに現時点では、4Kをデュアルで表示したり5Kモニタを利用できるグラフィックボードは、NVIDIA QuadroだったりとWindowsPCではちょっとレアな存在ですが、Mac Proでは既に最大3台の4Kディスプレイ(内1台はリフレッシュレートが低くなる)が接続されるようになっており、この辺り先読みが素晴らしいなあと思います。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
filed under: 4K