ローズガンズデイズの音楽を振り返る(ネタバレあるかも)

 同人サークル 07th Expansionによる同人ゲームと言えば、名曲揃いということで、ローズガンズデイズの好きな曲を振り返ってみました。
流石にベスト3だと絞りきれないしシーズン毎のベスト3では多すぎるので、ベスト8でリストしたいと思います。
・ジャンヌの肖像
 artist:六弦A助(六弦アリス)
 現代(2012年)のジャンヌが樹里に過去について語り始めるシーンなどに多く使われていて、ローズガンズデイズの世界感に入れます。
・Duel of Rose
 artist:六弦A助/櫻井アンナ(六弦アリス)
 序盤の緊張感ある銃撃戦というとこの曲って感じです。
後に物語が過酷になるとこの頃の緊張感というのは、まだ乗り越えられる気配が有り、ハラハラドキドキしながらも盛り上がっていられました。
・幻ニ死ス
 artist:六弦A助/櫻井アンナ(六弦アリス)
 Duel of Rose を経てさらに盛り上がるクライマックスシーンで使われるという印象でとても好きです。
個人的には、Season1のエンディング直前にこの曲が流れるシーンが、ローズガンズデイズの中で一番好きだったりします。
ちなみに、この曲名とLastSeasonに出てくる「哀しみに消ゆ」の曲名に繋がりがあるのかが気になります。
・mission -No.023-
 artist:ラック眼力(Circletempo)
 Season2のワンダリングドッグ達のエピソードでよく使われていたのですが、その印象が強かったおかげで、Last Seasonのツェルvsモーリスのシーンでこの曲が流れた瞬間は鳥肌モノでした。
・アクセラレシオ
 artist:xaki
 Season3でガブリエル・鏑谷が登場してから物語りは一気に暗い方面に突っ走りますが、この曲はまさにそれを象徴したものだと感じました。
Season3に出てくる「シーディプライア」「決断」「リンケイジオルタ」は、銃撃戦の緊張感、混乱、あっけない死みたいなものが交錯していて、シーンともすごくあってて素晴らしいのですが、最終的にはこの曲に収束しているのかなあと感じました。
・Last Days -L-
 artist:dai(M.Graveyard)
 LastSeasonの最後の抗争シーンでの曲です。
最後の抗争シーンを象徴した曲だと「哀しみに消ゆ」かすげぇ悩んだのですが、オールキャストの迫力を考えるとこちらかなあと。
・Conductor, “I miss you I need you”
 artist:劇情テノール
 LastSeasonのムービーやスタッフロールに使われていた他、終盤の肝になる部分にinst バージョンで使われていました。
個人的には、マダムの座がローズからジャンヌに継承された次の世代を感じさせるシーンって印象が強いです。
・愛はオメルタ
 artist:演奏・歌:Rojak feat. Mayumi 作詞:佐倉かなえ・ラック眼力作曲・編曲:ラック眼力.
 Season1のオープニング曲ほか、肝になる多くのシーンにinst バージョンで使われていました。
レオやローズが活躍する、「これぞ、プリマヴェーラ」みたいなシーンの印象が強いです。
 愛はオメルタからConductor, “I miss you I need you”へ移り変わっていくというのが、LastSeasonのテーマの一つだったのかなあと思いました。
 素晴らしい曲の数々に大満喫です。
 …そして全体から感じるのが、それまでの07th Expansion作品の定番だった、daiさんの感情に訴えかけてくる泣ける曲よりも、六弦A助さん等の安定感のある曲が目立っていました。
これは曲だけの問題ではなく、グラフィックが綺麗になったり文章から子供っぽさやオタクに優しい配慮を抜いたこととのバランスも大きく影響していると思います。
 って、この辺りについては、改めて書いた方が良いすね。