Windows8のVPNを経由したリモートデスクトップ接続でローカルプリンターに印刷する

 VPNを経由したリモートデスクトップ接続で、ローカル側の共有プリンターやTCP/IPのネットワークプリンター・複合機で印刷する際には下記の設定をします。
(LPTやUSB接続プリンタの場合は不要)
■Windows8でVPN接続するとネットワーク接続が「制限あり」になるのを、下記ページから修正プログラムをダウンロードし、怪しげな日本語を参考にしつつ下記の修正をします。
・修正プログラムをダウンロード&インストール
・VPN接続を右クリック>プロパティ>ネットワークタブ>
 インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP IPv4)>プロパティ>詳細設定>
 「リモート ネットワークでデフォルト ゲートウェイを使う」 チェック ボックスをオフ
 (解説ページと反対の設 定にします)
【詳細は下記サイトを参照】
ネットワークの状態が、力を使用する場合は「制限付き」トンネリング VPN 接続では、Windows 8
■VPN接続をしても「制限付き」が出なくなったら引き続き下記の設定をします。
・リモートデスクトップ接続のオプション設定 > ローカルリソース > プリンタにチェック
・リモートPC側にローカルPCで使用するプリンターのドライバーをインストール
・リモートPC側の
 コントロール パネル>ハードウェアとサウンド>デバイスとプリンター
 該当するプリンタを右クリック
 プリンタのプロパティ>ポートタブ>印刷するポート
 でローカルのプリンタを設定
【詳細は下記サイトを参照】
リモートデスクトップ接続でローカルプリンターに印刷する 自分メモ – アラタマソフト開発日誌

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn