進撃の巨人 5巻を読みました

 諌山創によるマンガ作品、「進撃の巨人」の5巻を読みました。
ぼくとしては残念ながらこの巻はハズレでした。
 例えば作品全体をまとめて漫画喫茶で読んだら5分くらいで斜め読みする巻だったと思いました。

 この巻に伏線が仕込まれていたり、先を楽しむのに必要な情報があるかも知れないからとりあえず低い評価はせずにいようかみたいな気持もあるし、面倒な説明はここまでで終わったので、次巻からまたスピーディな展開が戻ってくれるのではないだろうか?という期待はもちろんあります。
 ただ、この作品自体、過剰な期待であったり、上げて落とす人に好まれているような気配を感じるので、ネガティブな意見ですが、あえて今この巻を読んだぼくの感想を書いておきたいなと思いました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn