ヴィンランド・サガ 8巻 読みました

 ヴィンランド・サガ 8巻を読みました。
読後感は良くなく、「これで大丈夫なんだっけ?」と思い、1巻から読み直したところ「ああ大丈夫ね」という感じでした。
過去をおさらいするシーンがなく、登場人物の感情とか思惑とかが省略されていて、不安感が強く残ったという感じです。


 でもよくよく考えるとそれがリアリティかもと思いました。
決断と同時に行動が必要な時って実際にはああいうスピード感と不安感があるのかも知れないと思ったわけです。
 そう思うと、改めてヴィンランド・サガ、そして著者の幸村 誠すげーと思いました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn