ドラマ版、あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。観ました

 A-1 Picturesのテレビアニメ原作のドラマ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を観ましたが面白かったです。
原作アニメに物凄い思い入れがあり、最近よく聞く原作イメージをぶちこわす実写化にならないかヒヤヒヤしながら観ましたが、良い感じだなあと思いました。
 キャストで好きだなあと思ったのが、宿海 仁太を演じる村上虹郎と、久川 鉄道を演じる高畑裕太。この二人の会話はアニメ版以上になんか自然な感じがしてとても好きでした。
あと役者名がぱっと見つけられないのですが、めんまの弟本間 聡志がものすごく良い味を出していたように思います。
 他の主要キャストも気になる所や原作のイメージが強すぎて違和感を覚えたり、なんでこの人出てるのみたいな人も居ましたが、まあ全体的にアリな範囲かなあと思いました。
 物語はじんたんとめんまのエピソードをメインにして、短時間で分かりやすく要約されていたなあと思います。
 ただ一部の、じんたんとめんまの恋愛感情を強調しているシーンが個人的には浮いてると感じました。上地雄輔のセリフとか最たる部分かなと。
あと、ドラマオリジナルのリリーフランキーとつるこのやりとりって何か意味があったのだろうか。
 その辺を感じつつ今回のドラマで改めて、やっぱりめんま自身って中身は子供のまんまのおばけなんだよなあと思うと改めて泣けました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn