ちびっ子さんを連れた長距離移動

 初めてちびっ子さんをベビーカーで連れて新幹線を利用した長距離移動をしました。
想像した以上に体力を使うし、 また何をするにも時間がかかり(30分前行動くらいの気持ちでギリギリって感じでした)結構疲れましたが、町や駅のバリアフリーが思ったよりもしっかりしていてそこは助かりました。

 駅では便利な場所にスロープなりエレベーターがあり、ベビーカーを持ち上げるのは電車の乗り降りくらいでした。
 しいてリクエストをするなら、ホームのエレベーターの案内板の数がもう少し多いと助かるかなあって感じでした。
エレベーターの案内板を探して少し歩くのも、人の多い山手線のホームなどでは結構大変だしまわりの迷惑になっていると感じました。
…そういえば、新幹線の京都駅で降りたときはホームアナウンスでエレベーターの場所を言ってくれてて助かりました。

 新幹線は旅行会社でチケットを取るときに先頭席を取って貰えたのでスペースが広く、ちびっ子さんをベビーカーから降ろして膝に乗せてもゆったり出来ました。
また、壁一枚先の通路に畳んだベビーカーをおかせてもらっっていたら行き帰り共に車掌さんの方から声をかけてくれて、停車駅ごとの開く扉の方を教えて貰えたりと親切にして貰えたなあと感じました。
 大変と感じたのは、行きの山手線がやや混んでいて車内でちびっ子さんを降ろしたときで、やはり車両情報を事前に調べて車いすスペースなどを利用しないとなあと感じました。

 ちびっ子さんはベビーカーで移動するときには寝ていて、新幹線での膝の上ではとてもくつろいでいる印象で新幹線のオムツ交換台も便利なので助かりました。
ホテルは「新・都ホテル」を利用しましたが、夜もいつも通り(に少しぐずって)眠ってくれてお風呂も楽に入れられました。
 ただ一泊の間にうんちが一度だったのでその辺りは緊張していたのかなと思います。
ちなみに帰宅して4時間くらいでうんちをしたので慢性便秘ではないかなと思っています。

 …データ(笑)をまとめると
 年齢5ヶ月
 移動 一泊二日
 ミルク ほほえみ らくらくキューブ6本(30キューブ)
 オムツ 8個(ちょっと怪しげ) 内うんち1回

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn