Windows Update 最近さらに怖くなって来ましたね

 我が家で愛用しているDELLのXPS8700とXPS12で2015年 5月度の Windows Updateをした後、ネットワークの調子が悪くなり双方を認識しなくなりました。
 幸い両方を再起動したタイミングで問題は解決しましたが、以下のようなやっかいな問題に発展する例もあるそうな。
…つかOSが起動不可になったらどうリカバリーするんだろう。
 2015年3月のWindows Updateでの不具合はイベント会場でのオペレーション中に問題が発生して冷や汗をかきましたが、あれが今回のようなトラブルだったらと思うと本当に心配です。
 世間ではウィルスやハッキング対策のためのWindows Updateの重要性が語られていますが、プロユースを考えると計画的にWindows Updateの自動更新をオフにするというのが重要になるんだろうなあと悩ましいところです。
 いまぱっと思いつくのは、
・「更新プログラムをダウンロードするが、インストールを行うかどうかは選択する」にしておき数日はインストールを待つ
・不具合情報をチェック、問題がないようならサブマシンからインストール
・簡単なテスト後メインマシンもインストール
くらいかなあと思います。
 個人的には、Windows Update時に「口コミはこちらです」みたいなSNSやニュースサイトのリンクが表示されて、「アップデートしますか?」みたいな(ちょっと自虐的ですが)機能を付けてほしいところです。
2015年 5月度の Windows Update 後、OSが起動不可になる現象について
Windows 8 / 8.1でWindows Updateの自動更新の設定を変更する方法

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn