iMac Early 2009にMac OS X ELをインストールしてみた

 かみさんが主にCMSの更新とGoogleカレンダーの管理に使う、iMac Early 2009のOSを10.5のままにしていたら、GoogleカレンダーやGoogleクロームなどが使えなくなって来たので、Mac OS X ELをインストールしてみました。

 10.5にはApp Storeが無いために、まずDVDの10.6インストールメディアを購入。
…下記で注文したら翌日の午前には届きました。

Mac OS X 10.6 Snow Leopard

 次にMac OS X アップデート 10.6.8 v1.1(無料)をダウンロードしてインストール。
「このMacについて」からのアップデートだと再起動時にエラーが出るので、下記のインストラーをダウンロードしてのアップデートが無難です。

ダウンロード – Mac OS X アップデート 10.6.8 v1.1

 10.6.8からOS X ELへのアップデートをするには「ディスクの修復」が必要ですが、このバージョンのディスク修復はインストールディスクを使って行います。

Macの調子が悪い、遅い時にはディスクの修復を行う | ごりゅご.com

インストールディスクからMacを起動する方法 / Inforati

…ディスクの修復をしない場合、
「このOS X ○○○アプリケーションを検証できません。ダウンロード中に破損したか不正に変更された可能性があります」
のようなエラーメッセージが表示されますので、ディスクの修復後ダウロードからやり直しが必要です。

【その2】Mac OSX 10.10 Yosemiteにアップデートできない。ダウンロード中に破損したか不正に変更された可能性?サポートへTELしてみた。 | まなぶろぐ。| デザインオフィススズキ

 以上でGoogleカレンダーやGoogleクロームなどのサービスは問題無く使える状態になったので、もうしばらくは頑張ってもらえそうです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn