アニメの感想を書く前に気になったニュース

 いつものアニメ感想でもあげるべーと思っていたら、気になるニュースがありました。

10月期放送アニメが「放送延期続出」の異常事態。背景に制作現場の過酷な環境 – エキサイトニュース

 『Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-』は1話を観て、演出やらデザインは格好良いけれど内容が好みじゃないとちょっと外していて、『ろんぐらいだぁす!』はかなり好きだったけどプライムビデオでのんびり観ようと思ってたので延期になってたのはこのニュースで初めて知りました。

 アニメ好きとしては今後作品が観られなくなるのではと不安になるし、自分の好きなものを作っている人が不遇なのに不満もあるのですが、一方でこの過酷な環境で頑張っているからこそ作品ににじみ出る説得力みたいなものがあるとも感じさせられました。

 こういう状況も含めて、アニメって現代を頑張ってる人の意見を代弁しているメディアなんだろうなあと感じさせられました。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn