4KPC環境を満喫してます

 PCモニタをDELL P2415Qにしてみてテクニカルなことばかりネタにしてましたが、ユーザーとしては本当に素晴らしく大満足です。
特にブラウザを利用するウェブサービス全般や高解像度の写真データやベジェデータであるPDF等は本当に美しいです。
 それらを体験するとスマホなどと比較して劣るPCモニタのDPIに対して実は凄いストレスや不満になっていたのだなと改めて気づきました。
それら快適な環境もWindows10のスケーリングの強化の影響が大きく、以前に一度はスケーリングを諦めていたノートPC旧XPS12も最近改めてスケーリングを125%で使うようになりました。

 クリエイターとしては高DPIよりも面積に対する執着はやはりありますが、そこにこだわるとコストやデスクレイアウトなどで苦労するかなと思います。
…多分5Kの27インチが意識高い制作環境なんだろうとも思うのですが、それだったら4Kを2枚の方が安くて使い勝手も良いだろうし、本気で攻めるなら4スクリーンモニタースタンドとかで4Kを4枚でつくる8K環境の方が面白いかなと思います。

 ただスケーリング未対応アプリを使う機会も多く、まだまだ多数派である2KPCユーザーの見え方や体験を確認するため(と思ってるのだけれど、実質PCユーザーよりもスマホユーザーの閲覧が圧倒的に多く、PCユーザーもおそらくはノートでスケーリングをいじっていることを想定すると杞憂の可能性はとても大きいのだけれど)、4Kモニタオンリーというのはまだ不安があり2Kモニタも一応はあった方が良いのかなあとは思っています。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn
filed under: 4K