アイデアで思うこと

 加藤 昌治さんの「アイデアパーソン入門」を読んで、改めてアイデアは、ゼロから生み出すのではなく、知っている事柄…知識の組み合わせなんだなあと感じました。
 この「アイデアパーソン入門」では「たぐる」という言葉で表現されており、アイデアとして流用しやすい知識の増やし方と、記録(記憶)の仕方を解説してくれています。

 知っている事柄の組み合わせというと、このご時世どこかパクりという不安が出るし、まあ実際似た部分があればパクりと炎上する怖さもあるのですが、諦めというか思い切りが必要な部分だと思います。

 ちなみにぼくが「アイデアパーソン入門」で語られるような(グラフィックの手法などではなくもっと上流wな)アイデアと接する際には、原稿という形までフィックスしている場合が多いのですが、良く出来たアイデアほど、定番の原稿形式に則っているように感じます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn