デンキ街の本屋さん 14巻を表紙買いしてしまいました(ネタバレないはず)

 水あさとによるマンガ「デンキ街の本屋さん 14巻」を拍子のインパクトに釣られて買ってしまいました。
 アニメ版しか観ていないのですが、デンキ街で働く個性的でオタクな若者たちの日常を萌えとギャグたっぷりに描いた気軽に楽しめるけど、恋愛描写などではチクッと切ない部分もあり、物語の大詰めでは切ない出来事が起こるかも知れないという予感はある作品だったので、「号泣するひおたん」という表紙は驚きといやな予感と、釣りなのでは?という警戒が混ざって、まあ思いっきり興味を引かれました。

 マンガはこれまで読んでおらず、しかも14巻という巻数はアニメのラストから結構時間があいてそうということ考えると、どうしたものかなあとネットで情報収集をしたところ、次巻で完結らしくこの巻の評判も良かったので、思い切っていきなり14巻を読んでみました。

 そして読んだ感想ですがとても面白かったです。
アニメのラストからいきなりだと初めてみるキャラとか分からないことも結構あったのですが、「号泣するひおたん」に関するエピソードはちゃんと理解出来たと思います。
 で、表紙ですが、あの絵を見て不安になっている読者を上手く焦らしながら話を進めてくれるので詳細は伏せますが、ぼく個人としては最終的に表紙と内容は凄くあっていたと思いました。
本編全部読んでから改めて表紙を見ると、本当に素晴らしい表紙だなとうならされます。
…この素晴らしさは、既読の人とネタバレ全開でお酒飲みながら語りたいなあ。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn