ちびっ子さんがトトロにはまってます

 2歳になるちびっ子さんがとなりのトトロのアニメに滅茶苦茶はまっていて、毎日トトロ上映会状態になっています。

 初めて見せたときは画面に次々に出てくるオタマジャクシや蝶などの実在する生き物や、メイが木に突っ込んだり帽子を落とすシーン、BGMのドラムだったりと、子どもが好きなものや気になる部分に素直に反応して引き込まれている様子でした。
 …小さいトトロに対しては、不思議な生き物という認識はないようで予想に反してリアクションが薄く、抜き足で歩くちびトトロよりも手前を飛ぶ蝶を指さし「チョウチョ!」と言うなど反応してました。
ただやはりデカいトトロや猫バスはインパクトがあったようで、気になるけど怖くてぼくの後ろに隠れながらちらちらと画面を見ていて、横から見て大いに楽しませていただきました。

 これまで動物や昆虫を描いた部分は緻密だなあと思いつつも背景的に流していたのですが、2歳児にとっては一番引き込まれる点だったのをみて、改めて宮崎駿ってすごいなあと驚かされました。
…親以上に子どもの関心の寄せ方は心得ているし、そんな子どものリアクションを見て親が喜ぶところまで計算しているんだろうなあ。

 また、繰り返し見る内に、まっくろくろすけやちびトトロが見所だと分かってきたようで、手前の蝶よりちびトトロに注目するようになり、トトロや猫バスにも慣れたようで最近どんどんはまり方が激しくなってきているように感じます。


…目つきがかわってきました(笑

それに伴い、(我が家は金曜ロードショーを録画したものを見せているのですが)CMにはいると飛ばして欲しいと必死にアピールするようになりました。
…アンパンマンもCM入りで見せているのですが、あちらはCMも子ども向けにデザインされており、本編同様熱心に見ていてアンパンマンもまた別の意味で凄いなあと感心させられます。

 アンパンマンなども相変わらず大好きですが、ぼくがトトロ好きでちびっ子さんになんどせがまれても一緒に観るのが楽しい(楽?)ということもあり、ちびっ子さんの好きなテレビのトップはトトロっぽく、他のジブリ作品はどうかなあと崖の上のポニョを見せたところ、えらい怒って「トト!トト!」と泣いて抗議されてしまいました。
 むしろラピュタを見せるべきだったのだろうか。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn