黒100 のオブジェクトが抜きに設定されている フリプライトエラーが出るとき、該当オブジェクトを個別選択して属性でオーバープリント設定が必要な時がある

 JMPAカラー準拠PDF制作時などで、
「黒100 のオブジェクトが抜きに設定されている」
エラーが出るとき、基本的にはIllustratorで、
全オブジェクト選択(個別オブジェクトでももちろん可)→カラーを編集→オーバープリントブラック→オーバープリントの適用

Illustrator でオーバープリントを使用する方法

…で解決するのですが、時々オーバープリントブラック設定にならない場合があり、そういう場合は該当オブジェクトを見つけて(チョイ見づらいけれどプリフライトレポートなどを参照)、個別に選択して(複数選択だとダメっぽい)

ウィンドウ→属性→塗り(線)にオーバープリント

その他(Illustrator) – オーバープリント – ネット印刷は【印刷通販@グラフィック】

を指定すると解決しました。

 …余談ですが、新聞広告では基本的にオーバープリントブラックはオフですが、N-PDFなど一部のフリプライトチェックでは、抜きに設定されているというエラーが出てややこしいです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn