収納を考えるとき、案外収納しようとしているものを捨てて困らないことあるんだよなあ

 日用品とか私物とかの収納方法に悩んだ時って、収納しようとしている物を捨てても困らないとか、捨てることが正解みたいなことが結構あるなあと思いました。
 特に収納家具とか道具を新たに購入したり手作りするとか、収納するために物が増えるような場合は、連鎖的に一気に物が増えるのでじっくり考えた結果、入れようとしてたものごとまとめて捨てちゃって清々しい気分になることが多いです。

 …という意見は断捨離とかミニマリストとか、不要な物を減らし生活に調和をもたらそうとする思想っぽいですが多分ちょっと違って、育児だったり夫婦揃って自営業者だったりと、突然の予想外の変化に備えたいという意図が大きいのだと思います。
急な引っ越しなどの場合は身軽であることがメリットになるし、育児などで急に物が必要になるときには収納ルール自体が変わることも多く、融通が利きやすくしておきたいかなと。

 昔は変化への対応って、事前に想定して物を持ってずっしりと備えるとかだったのだけれど、最近は現状あるものを手放す覚悟をもつが重要になっているのかなあ。