売る才能って凄いんだよなあ

 セールスや営業や演者や飲食店といった仕事で、売る才能を発揮する人が居てそういう人と普通の人の差ってとにかく凄くいです。
 この才能を持っている人は、どんな種類の仕事をしても成功します。
セールスや営業職なんかでは当然だし、演者でもチケットをぶっちぎりに売る人はチャンスが多く、お客さんに来て貰える店員(店主)の居るお店は繁盛します。
多くの場合は人格も魅力的で、関わるコミュニティでリーダーシップを取っていることも多く、他人の羨む人生を得ていることが多いです。

 ただ、いざそういう人をマネをしようとすると本人や周りで分析する人が売る才能自体を語っていないことが結構あります。
あまり語られない理由は色々あると思うのですが、一つには買ってくれた人への配慮として、自分が売ったという言い回しよりもむしろ買ってくれた人への感謝を語る事が多いなど、言い出しにくい部分もあると思いますが、真似る側がここを見落とすとヤバイことが結構あります。

 例えば社長が一人で会社の販売数の大半を上げている中小企業(結構あると思う)で、社長のリーダーシップが業績好調の理由と語られているとか。
販売数の大半を一人で上げればそりゃ誰も逆らえないリーダーシップもあるだろうことを押さえずに、販売数を上げていない社長が自社でそのリーダーシップの部分だけを真似したらヤバイみたいな具合に。

 なので書籍で学べるような有名人を真似ようとするとき、その人の経歴の中にセールスで結果を出したとか、演者なら物販やチケットを沢山売ったとか、行列店を作ったとかがある場合、その人の売る力が並外れていて、まず学ぶべきはそこだという見極めが大切かなと思いました。