SSDに保存したデータの方がIllustratorでの動作が早くなる気がするなあ

 大判印刷やいくつかの外部ファイルをリンクで読み込んでいるIllustratorの制作データを、HDDからSSDに保存先を変えて動きを試したら、SSDに保存した方のデータの動作がぱっと分かるくらいには速かったです。

 我が家はWindows10とIllustrator(CreativeCloud)はSSDにインストールしていてメモリが32G、データファイルはHDDに格納という環境で、日頃はあまりスピードに不満は感じなかったのですが、大判印刷などのIllustratorデータでは動きが遅くなり、もしかしたらとOSを入れているSSDにデータファイルをコピーして動きを試したら、速いかもと感じたという案配です。
 まあ、データというかエビデンスがぼくの体感だよりで試したファイルが5つくらいという薄いもので、まあタイトルの通り「気がするなあ」のレベルではありますが。

 もうしばらく試してみますが、もし結構な差があるようなら、データ用のSSDの増設も必要なのかなあとか気になっています。
ぼくにとってパソコンは、一番成果が手軽に測定できて、また調べたり購入することが楽しい投資なので意識していかないとなあと思います。

[amazonjs asin=”B077PSMJZS” locale=”JP” title=”Crucial SSD 1000GB 7mm / 2.5インチ MX500シリーズ SATA3.0 9.5mmアダプター付 CT1000MX500SSD1/JP”]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です