今の時代に気遣いが必要な人達

 ネットの主導的な論調や広告のターゲットだったりは、一つの意見に偏るとそれに反発する意見が現れ、時代によって変わっていくと思います。
 最近ぼくが意識する流れは、「頑張る人を応援」する風潮が、「頑張らなくても良い」になった辺り、「社畜」とか「ブラック」みたいに頑張って働くこと否定的に語る意見への変遷です。
 この考えの背景としては、世の中全体の右肩上がりな気配に支えられた頑張れば報われていたのが、世の中がある程度豊かな状態から右下がりになり下手に動かない方が良いという流れがあると思います。
 ただ、それらは次の考えが必要というか、いい加減ある層の人への気遣いが必要になるのではないかと感じるようになりました。
具体的には、周りが「頑張らなくても良い」という中、自分は頑張らなくてはいけない(理由は本当に人それぞれかと思いますが)という人が、いま相当つらい状況になっているように感じます。
 全体の方向としては「頑張る人を応援」になるとは思うのですが、「頑張らなくても良い」という考えも配慮から生まれており蔑ろには出来ず、一つ進化した「頑張る人を応援」するような考え方が必要になると思います。
…って余談ですが、こういう一見ループしているように見えるけど、実は少しずつ進化しながら繰り返す流行の形を、スパイラルと言うんだそうな(うろ覚え)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です