この世の果てで恋を唄う少女YU-NOに注目してます

 故・菅野ひろゆき企画・脚本・ゲームデザイン・総合プロデュースのゲーム原作のアニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」に注目しています。

 初代は1996年にPC98用の18禁のゲームとして発表されましたが、2017年にPS4/PSVita用のCERO:Dのゲームとしてリメイクされており、今回のアニメはリメイク版を元にして作られていると思います。
 ちなみにぼくは、初代のPC98版と97年に移植されたセガサターン版までしかプレイしておらず、リメイク版がどういう風に現代にあわせてリメイクされいるかがまだ分からないのですが、アニメ版第1話を観た感じだと、絵柄以外はまんまだなあという印象でした。
…心配に感じると同時に96年の菅野ひろゆき節が現代に受け入れられるのだろうか?という部分に注目したいです。

TVアニメ「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です