プロテインバーを食べてみた

 今まで細くするついでに筋肉つけばいいやくらいだったワークアウトと食生活ですが、筋肉を大きくするという次の目標に設定しなおしました。
 昔ワークアウトにはまっていた時は、ひたすら細くするを目標にしたため筋肉も落ちて目指すシルエットから逆に離れるみたいな状況を経験したので、今回は少し早めに設定変更しました。

 ということで、食事の内のタンパク質量も意識するようにしました。
ぼくの体重で筋肉を大きくしようとすると1日で100g~140g程度のタンパク質が必要です。

プロテインの基礎知識 – プロテイン・サプリメント・トレーニング情報【DNS公式 DNS ZONE】

 理想を言うとバランスの良い食事で摂りたいのですが、コストや手間からなかなか難しくプロテインの出番となります。

あなたに必要なタンパク質と糖質の最適な量とは

 安く多くタンパク質が摂れるのはやはり粉末を水で溶かすプロテイン(1杯で25g)ですが、それを利用しても1日100g以上のタンパク質を摂るのは胃の負担などから結構大変です。

 間食でもタンパク質を摂れたら良いなあと、プロテインバーを試してみました。こちらは一本で20gのタンパク質が摂れます。

ThinkThin, ハイプロテインバー、ブラウニークランチ、10個、各21 oz (60 g)

 実際に食べた印象ですが、胃への負担が少なくぼくは食べやすく感じたので、タンパク質を定期的に食べ続けるような場合のローテーションの一つとしてはいいかなと思いました。
また、お腹がふくれてタンパク質もきっちり摂れる点はダイエット期にもオススメです…つかそっちで強みを発揮しそう。

 お菓子としては糖質がない分多幸感も乏しく、また一本200円弱くらいのコストはちょっと厳しいかもと思いました。

 まだ試しはじめのプロテインバーなので今後良い活用法などを見つけたら記事にしたく思います。
それと同時に手軽に買える国産のプロテインバーがもっと増えると良いなあと思いました。