漫画 働かないふたりが面白かったです

 吉田覚による漫画 働かないふたりが面白かったです。

 詳細やお勧めのレビューは下記を参考にいただくとして、個人的にピンポイントで注目したのが、兄である石井守の執筆活動の部分。

 守が多読家でブログや漫画の執筆を行っていてそのレベルがかなり高いことが予想される描写が時折ありますが、作者吉田覚はブログに掲載した漫画の評価から出版されプロとして活躍しており、守とかぶる部分もあると考えると、プロ漫画家の情報収集と充電の日常と感性が描写されているようにも見えて、創作活動に関心のある身としては、ほのぼの生活を上から目線で見るどころかむしろ圧倒されてしまいます。
…その辺もあって守に関してはニートというよりも執筆業とか波のある仕事をしている人のオフ期間っぽくも見えます。

 そう考えると、無責任にニート生活を肯定しているのではなく、作者の成功実績をデータとした、ニート生活(他人からはそう見える)していても大丈夫という一つの主張に見え、その辺りがとても好きです。

 もちろん、わかり易く素直に楽しめるのは、ニート兄妹と家族や友人、お隣さんたちとの日常をリラックスしながら読むであり、色んな読み方が出来るという点でも多くの人にお勧めの作品です。

■詳細
働かないふたり 1巻 (バンチコミックス)

■お勧めレビュー
「仕事が嫌だ」とか「働きたくない」とかの次元じゃない漫画『働かないふたり』の兄・守は何かと名言が多い! | マンガ新聞

発達障害を理解するために「働かないふたり」は日本人全員に読んでほしい! – 元医療事務自閉症女子