ライブ配信についてあれこれ調べ中

ヨウカイのオンライン配信のために、基本に戻って機材から調べ直しています。

まずは会場をゲキパとした案

ヨウカイのオンライン配信には、参加者が自宅など個別の会場から各自配信したものを楽しむ案と、出演者がこれまで開催していたゲキパに集まり無観客で配信のみ行うというプランを考えてあますが、まずは後者であるゲキパ開催を想定して機材を調べてみました。

大ざっぱには

音響照明機材とネット環境が整ったゲキパの場合、ATEM MINI PROとカメラがあれば配信ができそうです。
まあ実際にはPCがないと色々不安だし、カメラにもあれこれこだわりがありますが、ハイレベルであれこれ追加出来る環境を作る最初の投資としてはとても良いと感じました。

ATEM Mini

皮算用だけれど

配信の構成と説明に関してはATEM MINI PROが下記の部分を代替してくれそうかなと思っています。

・ハードウェア配信 → ATEM MINI PRO
・管理PC(怖そうだが省略可能)
・映像、音声のPC変換 → ATEM MINI PRO
・映像のとりまとめ → ATEM MINI PRO
・音源のとりまとめ → 備え付けアナログミキサーからATEM MINI PROのマイクインへ

【イベントのライブ配信】機材構成の基本的な考え方|松井 隆幸|note

パーティスペースの楽さを感じました

あれこれ機材を調べて、配信用ミキサーのループバック機能などひとりで一台のパソコンから音だしと配信を行う工夫もすごく面白いし奥が深いと感じましたが、分担して複数機材でミキサーで音を集約する、安定と安心は大きいなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です