言われたことしかやらない

 「あいつは言われたことしかやらない」って言い回しがありますが、以前は「言ったことを全部やってくれるだけで充分じゃん」と思ってました。
しかし実際に自分がある相手に対してそう感じた時には非常に腹が立ちました。
 その時の心境を分析して言葉を選ばずに本音を言うと「あいつは自分がサボるためにこちらが何かを言い忘れるのを狙ってやがる」になるなあと思いました。
 そこで改めて考えると、気が利かないとか、抜けているとかどこか見下していた相手が、実は全然自分よりも利口で強かで、本当に危険な存在であると気づくことが出来ました。
 今回の件からぼくが得るべき教訓は、「能ある鷹は爪を隠す」って言葉はかなり恐ろしいということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です