シンボルマークについて

 Office Nakaoのシンボルマークは右下がりの斜線なのですが(写真以外のTwitterアイコンはたいてい背景に入れてます)、実は変えようかと悩んだことがあります。
右下がりというのはグラフなら、成長よりも衰退を現しており縁起悪い印象があるかなあと思ったからです。
 ただ、すぐに変えるのも不吉を認めたようでイヤだし、良いカウンターを取れるコンセプトはないものかと思った時に、漢字の「人」の右下の方というのを思いつきました。
 なんかのギャグマンガで「人という字は支え合っているが、左の線の方が右の線にもたれかかって楽をしている」なんていうのを思い出し、右の線は支える人みたいなニュアンスがあるんじゃないか?と思いました。
そしてその頃ちょうどお客さまに右上がり斜線(うちのと反対ですね)をポイントにしたマークを提案中で、そこに勢いを感じて良いという意見をもらっていたので、「お客さまの勢いを支える人である」みたいなコンセプトで行けるかなとお思いました。

 一人でやっているフリーランスなので人であるって言い方もわかりやすく、ぼくの名前に「人」という字が入っているのでそこの必然性もあるなと今では気に入ってます。
…なーんて中の人はそんなまじめなキャラじゃ無いですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です