やるべきかやらざるべきか

 勢いのある人って、何か難しい問題が発生したときに「やるべきかやらざるべきか」で悩まないで、いきなり「やる」を仮に選択してその次のステップである「出来るか出来ないか」を考えているなあと思いました。
 ぼくはこの辺うだうだしたところがあって、目の前にあるこの問題は自分が解決する筋の物なのか?とか、やると損をするのではないかとか、あれこれ考えて、実際に出来るかどうかでないことを考えてしまっていたりします。
 多分、問題を解決出来るかどうかを考えるという行動に対して凄くケチなのだと思います。勢いのある人は気前よくやる前提で様々な調査や検証を進めるんだなと。
その上で、「出来ます」「出来ません」「この条件なら出来ます」とか、なんか自由さがあるように感じます。
 反対に「やるべき」ことだから「出来るかどうか」の検証をせずに、問題を抱え込んでしまい暗澹たる気持ちになるパターンもあります。
ある種の制作現場ではその逆境を尊ぶ節がありますが、個人的にはちょっと関わりたく無いなあと思ってしまいます。
 ということで、やるべきかどうかはともかく出来るかどうかに関して真摯であろうと改めて思いました。