当て屋の椿を読み始めました

 川下寛次による江戸時代を舞台とした浮世絵師である鳳仙と椿の周りで起こる怪奇事件を描いたマンガ当て屋の椿が面白いです。
江戸時代という時代設定ながら出てくる女性キャラがみんなやたらとナイスバディで、ちゃんと着物を着こなしている女性キャラは居ないと思われます。
 しかしその絵とは裏腹にストーリーは事件の謎を解くという推理的な要素と、人が鬼になるような怪談的な要素がまじったもので、個人的には「人の理屈に当てはまらない理屈」を持ってしまう切なさと想いの強さの描写がとても好きです。
 お色気とかわいさあふれるシーンと残虐なシーンとのギャップも良い演出だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です