そして進撃の巨人2巻も読みました

 「進撃の巨人」1巻の感想を書きましたが、ぼくは2巻同時に購入したので、1巻を読み終えてはらはらしたまま一気に2巻も読み切りました。
 1巻の風呂敷のたたみようが無いという印象から一転して、ストーリーの出口を予感させる展開でした。…もうしばらく怖い思いをしていたかったので、そういうタイプの人は1巻ずつゆっくりと買い進めて行くのがオススメかも知れません。
 この巻の最後まで読み、改めて最初から読み返すと、実はキャラクターを丁寧に描き分けていて、活躍しているキャラが居たりキャラの魅力もあるなあと思いました。
 ミカサのエレンに対する態度はストレートで特に1巻の「戦闘が混乱してきたら私のところに来て」などの人目をはばからないところなどは可愛いなあと素直に感じました。
あとサシャのバカッぷりが非常に好きで、暗いストーリーの中の唯一の救いだと思っています。
 …とはいえ作品のタイプを考えると、こうやって感情移入したキャラを殺していくことでストーリーを進めて行きそうで、完結時に何人生き残っているのやらって感じですが。
 次の巻は12月発売だそうなのでそれまでのんびり待ちたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です