テレビゲームの壁

 書きかけの文章をアップしたらその後ブログが動かなくなり酷い文章がずっと残ってました。復旧しましたので修正しました。修正したのが下記。
 あるポッドキャストで「テレビゲームが映画や小説と比べてレベルが低いと思われてそう」という話があり興味深いなと思いました。
ぼくは、テレビゲームは文化としての同意が少なくゲームに関わる人たちはそれで良いと思っているように感じていてそういう、テレビゲームは文化だと茶化さずに本気でいう気迫がないところが、レベルが低いという印象になっているのではないかな?と思いました。
 囲碁や将棋はプロが居てその勝敗がメディアに扱われるほど文化として認められていますが、それは元々そういう物だったのではなく、文化にしよう、文化として守り続けようという業界の意図が作ったものだと思います。
 テレビゲームのプレイヤーの年齢層も高くなってきたので、大人の文化としての箔をつける活動も重要になんじゃないかなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です