空中ブランコ第二話面白かったです

  先日第一話の本編をキライと書いたアニメ「空中ブランコ」ですが第二話は凄く面白いと感じました。

 大きな違いとして第一話は原作にすごい思い入れがあり細部まで覚えていたのに対して、第二話は原作をよく覚えていなくて先入観なく見られたというのが大きかったと思います。
 原作を知っていると、「ぼくは知ってるから分かるけど知らない人は分からないんじゃないの?」とか変に作り手目線で作品を見てしまうのだろうなと思いました。
 今回のような自分が作っていないものを作り手になった気で見るというのは、作品を深く知れるようでついやってしまうのですが、実際には作品自体がまったく見えなくなるんだなあと改めて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です