映像編集のデスクって格好良い

 自分のワークデスク周りがかれこれ何年も様変わりせず(支出が少なく済んでいるので有り難いことでもあるのだけれど)、ちょっとマンネリを感じたので今時の格好良いワークデスクってどんなのかなあとアレコレ調べていたら、映像編集用のワークデスクに格好良いのが多くてときめいています。

『HOOK』 〜 フーク 〜 映像製作コンソールデスク Fugue

ProEditシリーズ-AKA Design|スタジオを美しく機能的にレイアウトするスタジオデスク、ラック、スタジオファニチャー

 これらは単に見た目が美しいというだけでなく、アナログ文具の置き場を廃しデジタルツールを沢山おけるように用途が振り切っている部分に今後これが主流になるのかなあという予感があります。
 歴史あるデザインメーカーのワークデスクは、文具を入れるワゴン、書類や書籍を整理するキャビネット、そして作業をするときに手元を照らすタスクライトなどいわゆるアナログ作業用の道具が多くの部分を占めていますが、ペーパーレス化が進む一方、デジタルで凝った製作をしようとすると、PCやサーバーを入れるワゴン、モニタを置くためのアップシェルフが重要になり、その結果が多くのデジタル機材を使うことに特化した映像編集デスクに近い形に落ち着くのかなと。

 …余談ですが、カフェテーブルにノートPCだけで行う製作環境ってのも、育児しながらだとすげえ助かっておりそっちも平行して準備するのは重要ですが、やはり引きこもって何時間も作業に没頭するのに最適なデスクがある安心感は大きいと思います。

『HOOK』 〜 フーク 〜 MacPro・G5サイズ タワーPCワゴン

 これらの格好良いデスクは、注文がちょっとややこしく、多分高そうですが、今後ネットショッピングとかで手軽に買えるようになって、価格も落ち着いたら流行るんじゃないかなあと思います。

One Comment

コメントは閉鎖されています。