銃夢 LastOrderの星の保育園協会が良いなあと思いました

 木城ゆきとによる漫画銃夢 LastOrderに登場する、星の保育園協会が良いなあと感じました。

 銃夢 LastOrderとか星の保育園協会については、まず下記をご確認いただくとして…(手抜き

銃夢 LastOrder – Wikipedia

星の保育園協会(S.N.S/ステラ・ナーサリー・ソサエティ)は、同世界では不老不死技術の発達から人口抑制政策もあって違法とされる子供(児童)を保護し、15歳になるまで養育を行っている団体。
カエルラ・サングウィスによってes.494年(2450年)に設立された。こういった児童らは作中世界では簡単に処分されてしまう存在であり、こういった権力側の弾圧に対抗して武装組織ともなっている。多くの武人を擁しており、一介の保育士であっても相当な体術を心得ている。

 ガリィの成長に伴う人間関係や社会との繋がりの拡大と、扱える力や科学技術が高度になり「戦う理由」が重要になっていく中、ゲストチームながら、力を持つ理由を「子供の保護」と位置づけた、星の保育園協会は凄く面白いなあと感じました。

 戦う理由だったり他者より抜きん出た力をどう使うかというのは、多くの場合が強い悪役が誰かを困らせていてそれを倒すためとなるのですが、子供を虐待する社会と戦う保育園というのは、育児をやっているぼくには相当響くものがありました。

 こういうフィクションを通してはじめて素直に意識できる、願望みたいなものってあるんだなあと、改めて妄想を頑張りたいと思います。(まず行動をしろって感じですが。