オンエアの未来のミライを観たら印象が変わってました

 劇場で観た際には素晴らしいと評価していた「未来のミライ」ですが、先日オンエアしているのを観たら「好きくない」という印象に変わってました。

未来のミライが面白いです | Office Nakao

 理由を三つあげるなら、もうすぐ四歳のちびっ子さんが観たくないと怖がった、くんちゃんが可哀想と感じるシーンが多かった、親側の主張が多いと感じた…となります。

 ちびっ子さんが観たくないと怖がったというのは好みと言い切れず、子どもが大人に怒られるシーンなどが序盤に目立ち、その後もしでかしたことに対して怒られそうみたいな展開が多く、子どもがなんか怖いし観たくないと感じるのは仕方ないかなあと思いました。
ちなみにちびっ子さんは「未来のミライ」以外の細田守作品も観ていて、中でも「バケモノの子」と「サマーウォーズ」は大好きです。

 くんちゃんが可哀想に関しては、劇場で観た当時と比べちびっ子さんの中にある主張や道理が見えるようになり、それに気づくと作中のくんちゃんの扱いは可哀想過ぎて直視が辛いと感じてしまいました。
この点に関してはちびっ子さんがくんちゃんよりもまだ幼いこともあり、子どもにその冒険はまだ早いのでは?という子離れしたくない心境があるのかも知れません。

 親側の主張が多いというのは、子どもに直接話して聞かせてもわからない話を大人同士が語りあうシーンがちょっと多いように思いました。
この点は育児疲れなどが話題になる現代の親への配慮だと思うし、そういう意味では上手いこと言うなあとも感じますが、もう少し子ども都合に比重を置いた、子どもと一緒になってキャッキャみられる作品だったら良かったなあと思いました。

 という風に、現時点での我が家の育児方針だったり目指すちびっ子さんとの関係などと異なることから「好きくない」という印象になってしまってました。

「未来のミライ」公式サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です