13歳のアイドルのブログについて思う事

 13歳のアイドル藤波心さんが自身のブログでマスコミとか東京電力とかを批判していて、その意見が高く支持されています。
ぼくも多くの部分で共感して、例えば友人と飲み屋で語った事と被っており(しかもぼくらが語った以上に上手くまとまっています)凄いなあと素直に思いました。
 ただぼくは彼女の考えに対しては賛同しかねます。
 特に、政府やマスコミや専門家が発表する情報を嘘だという立場をとっている点は同意出来ないです。
ぼくも今の発表に対して疑問を感じたり段取りの悪さに怒りを感じることはあります。それでも自分の疑問や不信感が公式発表の情報よりも精度が高いとは全然思えません。
 彼らは嘘つきだよ…って言うことでガス抜きをして付き従うなら別に良いと思いますが、疑った結果独自の安全策、例えば国外まで避難するとなると、疑問はそこまで正しいのか?逃げた先は本当に安全か?という、目の前の情報の精度と自分の違和感の精度を天秤にかける必要があります。
そしてそうなったとき、ぼくはマスコミを通した正式発表の精度は結構高いかなと思いました。
 その点彼女の意見は相手が間違っているのならば自分は正しいという子供らしい展開であり、面白いなとは思っても同調は出来ないと思いました。
 ただ記事に対する評価は、13歳の子供がみんなの不安を素直に代弁してくれたと言う意味で素晴らしいと思います。
裸の王様に「王様は裸だ!」と言った子供のような痛快さがあります。
 ただどうもTwitterなどを中心にマスコミや専門家以上の大人の論客として彼女が正しいと扱っている感があり、…そうなるとちょっと危ないなと思ってしまいます。
 裸の王様の物語の中で「王様は裸だ!」と言った子供は許されますが、別の状況で露出度の高いドレスを着た女帝に人前で大声で「女帝様は裸だ!この淫らなメスが」と言った子供はそれなりのペナルティを受けると思います。
批難覚悟で・・・・|藤波心オフィシャルブログ『ここっぴーの★へそっぴー』Powered by Ameba

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です