クロームキャストを使ってみて

 設置して時間が経っているクロームキャストですが、専らYouTube動画を観るのに利用しています。
 もちろんGoogle Chromeを介せばほとんどの動画サービスは見られるし、最初の頃はアレコレ試していたのですが、画質と音質の問題から無料で観られる動画だと当たり外れが激しく、またネット上の動画は全般的に短いことから、クロームキャストに回す前にPCやスマートメディアで全部観てしまうことが多いです。
 だったらと候補になる「dビデオ」「hulu」など有料サービスはどうしても金銭的にもったいないと感じてしまい(以前にケーブルテレビに入った際に意外と観なかったし、GEOやTSUTAYAのメディアのレンタルがすげぇ安くなっているので)、まあ連携もしっかりしているYouTubeで様子見かなって感じで観ていたら思いの外気に入りました。
 最近は長くてクオリティの高い動画だったり、昔はニコニコにしかなかったようなマニアックな動画の状態の良い物が沢山あるんだなあと関心させられました。
 …ちなみに一番気に入ってるのは、海外のゴージャスなDJイベントの様子などが映った動画です。
 一方で、動画視聴以外のAndroidやPCの画面全体をミラーリングする機能は、Androidはバージョンの兼ね合い、PCはクオリティの問題からまだ厳しいかなという感じです。
 ちなみにそんな風に結構使っているクロームキャストを利用する一番の理由はリビングAV用の音響がPCより良いためです。
ってAV機器は高級品でもなく今では廃盤になっている古いものですし、PC用にもモニタスピーカーを設置しているのですが、慣れもあるのかぼくにとってはかなりの差を感じてしまい、音楽が気に入った動画はチェックしておき、まとめてクロームキャストで観るようにしています。
 映像に関してはPCの方が高解像だし、地デジの画質が凄い事から今の所それほど期待はしていない感じです。
 …ただ、映像画質を気にしないというのは、PCやスマートフォンで観ている内に慣らされたというか諦めた部分で、クロームキャストを活用することでその辺の感覚も変わるのかなあと期待しています。