高級品に対して少し引くようになった理由

 先日富裕層1%に対して「いっそ無視しよう」という考え方ってもう実際にあるんじゃないか?みたいな考えの影響の一つに、ぼく自身も以前に比べて高級品に対して少し引くようになったというのがあります。
と言いつつ、この手の話で絶対に最初に強調しなくてはいけないのが、まずぼくの羽振りが以前より悪くなったことからのやっかみは絶対あります。
 それをちょっと棚上しつつ語ると、社会全体で「比較しても不愉快になる存在と自分をわざわざ比較する必要は無い」という考えからある種の高級品から目をそらしている、あるいは冷ややかに無視をするというのは昔より強くなったと感じます。
 よくよく振り返ると若い頃にもそういう発想には気づいていて、若い頃のぼくは逆に「高級品から目をそらすことで良い物を直視しないことはデザイナとして絶対にまずい」と考えて、背伸びしながらも興味を持つようにしていたし、それに関しては今でも昔の自分ナイスだと褒めたい気分です。
 ただ最近、イベントだったりパーティの企画で若い人と一緒にプロジェクトを回すようになると、若い人から引かれるリスクのある要素に多くのコストをかけるのってお金というある種万能性のある力の利用法としてどうなのかなあみたいな気持は出て来ていると思いました。