2015年 春アニメを振り返って その2

 Fate/stay nightは二期になってからちょっとアレな、オリジナルエピソードと本編の肝になるシーンの演出が弱かったのが気になりました。
つか、今回はBGMを演出に使わないって縛りでもあったのかなあ。
 また、別ルートやスピンアウト作品のキャラクター(やら設定)を顔だけでも出すというお祭りなノリがどうも苦手でした。
カーニバルファンタズムみたいな作品では大歓迎なのですが、Fateの凄惨な物語ではキャラが薄くなるだけに感じました。
 最終回に時計塔のエピソードをかなり多く入れたのは、来期にあるプリズマ☆イリヤの宣伝を兼ねているのかも知れませんが、それもUnlimited Blade Worksという物語が薄くなったように感じてしまいました。
 攻殻機動隊ARISE ALTERNATIVE ARCHITECTUREは難解さが前に出ている、しかも視聴者にわざと分かりにくく描くことで難解に感じるように描いているのが苦手でした。
 原作は言いたい事が多すぎたり作者が分かりやすいと思った例えがアレだった結果難解になっているのが魅力だったし、押井守版では監督が凄いと主張することがそんなでもない結果難解になっているしまあ仕方無いかって感じでしたが、この作品ではシンプルに描ける(分かりやすい種明かしが準備されている気がする)ことを難解にしているように感じたのかも。
 また前日譚を謳っているのに、ストーリーにS.A.Cや原作とかぶる部分があるのが気になりました。
…愚痴や不満は長くなるみたいで、続きはまた後日(笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です