絵の上手い漫画家

 これは漫画に限ったことではないのだけれど、絵が上手い漫画家って何を描いても上手で結果作品全体から上手感があふれると思います。
その典型が、スラムダンクやバガボンドの井上雄彦で、筆を使った作風とかとにかく絵が上手いなあという感じさせられます。
 同じく抜群に絵が上手いのが鳥山明で、彼の描く宇宙人とかよく分からない生物とかはデザインも描写も素晴らしく、特にドラゴンボールの神龍などは表紙のキービジュアルへの展開なども含めて、デザインされた作品だったと感じました。
 井上雄彦と鳥山明を比較して一番感じるのは、井上雄彦は絵が上手くなくても成り立つ作品を上手さでさらに豪華なものにしているのに対して、鳥山明は絵の上手さがないと作品自体が成り立たず上手さをそこに使っているという差だと思います。
 こういう絵の上手さを何処に使うか?というのはデザインをする人間にはとても重要だと思っていて、その辺を意識しながら漫画を読むと多少は勉強になるのかなあと思っています。