ようやく頭の良い人ってどんななんだろうか?ということに興味が出て来ました。

 色々今更ですが最近になってようやく頭の良い人ってどんななんだろうか?ということに興味が出て来ました。

 とはいえぼく自身が頭の良さを競い合う場に出ることや、頭が良いことで起こるメリットに関心があるわけでもなく、プロジェクトの中にいる頭が良い人とどう関わることで生産性があがるのか?という点に興味があります。

 頭の良さは自分にないので、何とか少しは頭が良くなる方法や、頭がよくなくても大丈夫な方法を考えることに注力していましたが、ぼくくらいの年齢になると、たまに凄い高学歴な人とか頭の良い職業の人に出会ったり共通の目標を持つことがあり、そういう状況で頭が良い人が活躍出来るように達振る舞ったり良い知恵を貰えるようになりたいなあと思いました。

 もちろん頭が良い人は野心が強く小狡い人も多く、頼りになるというより警戒する対象だったりしたのですが、最近は頭が良く善良で気前の良い人と出会う機会が増えたので、ようやく頭の良い人ってどんななんだろうか?ということに興味が出て来たのかも知れません。
…あと、育児に関わるようになって、人(子ども)の頭の良さというものに凄く関心が高まっているのかも。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn