FF8の考察論争「リノアル説」が面白い

 ファイナルファンタジー8で、物語のヒロインであるリノアが、未来にラスボスであるアルティミシアになるという「リノアル説」が面白いです。
 またこの説を巡る論争は、ネット上で肯定派と否定派に分かれて、時に口汚い言葉が飛び交い、説そのもとあわせてとても面白いです。

ぼくは両立派です

 最初にぼくの立場を明確にすると両立派になります。
 リノアル説でないと面白い伏線と感じない作中や映像での表現があり、その辺りは肯定派となります。
 一方で、リノアル肯定派を牽引する一部の人は、唯一の真実としての公式化を目指していますが、そこまでの作り手の意図は感じられず、リノアル説に限らず自由な解釈ができる幅を持たせていると感じます。

バッドエンドなリノアル説について

 リノアル説にもいくつかの解釈の違いが存在しているのですが、ぼくの好みは、リノアル説を調べている内に見つけた、Kiss The Moon ~ アルティミシア ~で描かれる、悲劇…バッドエンドを描いたリノア=アルティミシア説です。

 この説の詳細は上記にありますが、おおざっぱに言うと、
リノアは、大団円のエンディング後、ずっと魔女の力の継承をせずに生き続けアルティミシアとなり、時間を遡り過去のスコールや自分達に討たれ、13年前のイデアに力を継承し消滅する
という流れになります。

 リノアル肯定派でこの説を推している人は少数派だと思いますが、一度はこの説を経由する方がリノアル説は深く楽しめると思います。
 ハッピーエンドだと思っていたFF8を調べたら、ヒロインがラスボスへと繋がっていた…という、恐怖の都市伝説にありそうなキャッチーさに、良かれと信じて倒したラスボスがヒロインだったという罪悪感に盛り上がります。
 また、この説だと、後述するハッピーエンド説で語られるリノアのループなど難しい解釈が不要で分かりやすく、シンプルに泣けます。

 何よりも、この説は説得力がある一方で、誰かの助けを待っているようで、多くの人を考察や論争に引き込む力を感じます。

 とはいえこの説が真実だとしたら、エンディングのあのハッピーな雰囲気は、流石に悪趣味が過ぎると感じますし、愛着持ってクリアしたプレイヤーも納得出来ないと思います。

ハッピーエンドなリノアル説について

 リノアル説でも、FFXでもお世話になったてつおさんの解説が分かりやすいです。
…解説動画ながら感動出来るのは素晴らしいです。

FF8 世界一わかりやすいリノアル説

 おおざっぱに言うと、
リノアはアルティミシア撃破後に、アルティミシアになる未来も含んだループで色々なことを経て、時間圧縮世界でスコールと再開、無事に元の時代に戻る
という話になります。
…全然解らないですね。ぼくも自分で何を書いてるかわからないです。
是非とも上記動画でご確認下さい。凄くよくわかるはずです。(てつおさんすげえな。

 この説であれば、多くの伏線を面白く回収し、リノア=アルティミシアに感じる悲劇的な結末も否定出来、エンディング全体に漂うハッピーエンドな雰囲気にもマッチします。

 ただ、単純なハッピーエンドと思ってたら、ヒロインがラスボスへと繋がる伏線を経てその後色々ある複雑なハッピーエンドになる…という流れは、深く考察する動機としては弱く、単純に気に入ってる人とわざわざ議論するのは野暮ったく感じます。

リノアル説でない場合

 こちらもてつおさんの動画が分かりやすいのですが、リノアル説に触れなければ下記のようにシンプルな物語となります。(本当お世話になります。
 リノアの魔女の継承どうなる?とか未来にはアルティミシアが現れる?みたいな疑問が残りますが、リノアル説も含んだ様々な可能性へ繋がる分岐点で終了、という演出だったと解釈しています。

【全てわかる】FF8愛の物語ストーリー解説

 ぼくが両立派をあえて推すのは、解釈が自由なエンディングから、バッドエンドのリノアル説を経て、ハッピーエンドのリノアル説の流れがとても好きだからです。
 バッドエンドのリノアル説を知り、どうにかしたいという考察者の思い入れが、ハッピーエンドのリノアル説へ至ったのだったら、とても感動的だなあと勝手に思っています。

ラストバトルがリノアル説と妙にマッチする

 アルティミシアとの最終バトルは、リノアル説ととてもマッチしていると感じます。
 逆さづりで気の毒な様子のデザインのアルティミシアに、時折よぎる罪悪感を振り払いながら自らを鼓舞して戦うようなBGM「The Extreme」は、何か隠された物語への想像がかき立てられます。
 リノアル説を知った時、あれがリノアならすげえ納得だなと感じました。

FF8 リマスター アルティミシア戦

…全然関係ないけど、これ格好良い。リノアループ説インスパイア?(笑

The Extreme (Final Fantasy VIII) – GaMetal Remix

リノアル説は公式の真実となるのか

 個人的には、1992年発売の「ファイナルファンタジーVIII」で、リノアル説を唯一の真実として公式化することは難しいと感じています。
下記の、los********さんの2020/11/16 18:25の回答によると、当時のスタッフは、少なくともチームの統一見解としては、そのつもりで作ってなかったようです。
 リノアル説が優れており話題になるほど、一度は否定したものを、後になって公式のアイデアだったとは言い出しづらいと思います。
また、リノアル説は多くのアマチュア考察者が関わってしまったことで、下手に所有権を明確にすると、権利を主張する人が現れたり様々な炎上の火種になることが考えられます。

FF8のリノアル説の矛盾点とはなんですか? – Yahoo!知恵袋

 とはいえ、スピンオフ作品である、DISSIDIA FINAL FANTASYで登場するアルティミシアなどには、リノアル説をインスパイアした演出が多数あるようです。

DISSIDIA FINAL FANTASY NT | SQUARE ENIX

 エルオーネも「過去は変えられないよ。」と語ってますので、未来でFF8がリメイクされる際に採用される可能性に期待したいです。