Adobe Creative Cloudの下位バージョン切りが酷い

 Fireworksで作ったデザインデータをFlash CS6で開こうとしたところパスデータが全部ビットマップになってしまいました。
軽く調べたところ、新しいFlashではFireworksからのグラフィックインポーターがカットされたぽいです。
 対策としてFireworksからIllustrator形式に保存して、Illustrator CCで開いて、必要なパーツをFlash CS6にコピペをしようとしたところ、CS5.5以上のIllustratorのデータは開かないというエラーが表示されました。
 さらなる対策として、Flash CCをインストールしてみたところ、無事にデータは開きましたが、Flash CCの保存ではついに「下位バージョンで保存する」という選択肢がなくなっていました。
…ちなみに協同で作業する人が、FlashのCS5.5を使ってたはずなので、なんかこれで軽く詰んだ気がします。
 うーん。どうしたものやら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です