血液型占いで考えていること

 ぼくは血液型による人格の差異は「元々はまったくない」と考えています。
この辺に関しては様々な意見があると思うのですが、そうだと仮定しても血液型占いは面白いです。
 ぼくが注目しているのは、4種類の血液型の人数比率とそれに対してどういうレッテルを貼っているかという点です。
おおざっぱに日本人全体の血液型の割合は、A型4割、O型3割、B型2割、AB型1割となるのだそうな。
 その影響が強いなあと感じるのがA型の人が血液型を好む比率が高く、B型がいじられ役になり、AB型はよく分からないと言われて、O型にあまり主張がないというパターンです。
 特にA型の人がB型の人をやたら批判しているのを見ると、人数にものをいわせたいじめをやっているなあと感じます。…そしてそう感じるぼくはもちろんB型です(笑
 そんな過去に貼られた血液型によるレッテルの影響も人格に大きな影響を与えるだろうし、その影響の受け方も多数派か少数派かによって変わると思うととても興味深いです。
そんなぼくは、まじめな血液型占いの本や、本気で調べた性格の統計などよりも、個人がなんとなく持っている各血液型に対する印象に興味があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です