家の掃除

 「みんなが一緒に使うためのルール」が明確でないプライベートなスペースの整理整頓って、出来る出来ないではなく本人の好みになるように思います。
本人が恥ずかしがって「なんとかキレイにしたいです」と言っているような物凄くとっちらかっている部屋も、それは本人が好んでやっていることです。
 とはいえ整理整頓された部屋の正当性というのはかなり根強く、散らかった部屋に対して「自分はこれが好み」と人に言うのもはばかられるし、自分自身で自覚することにも強い抵抗があり、本人も自覚していない場合があります。
 家族などと協同で使うプライベートスペースの掃除をするというのは、家族が好みの状況にした場所を、自分の好みに置き換える作業をしているとなります。
その辺りの謙虚さを忘れて、家族は散らかしていて自分が整理整頓していると考えてしまうと、ストレスも溜まるし家族との関係もぎくしゃくしたものになってしまうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です