チェアマットで思わぬことに

 バイエル社製のサッカーチェアマットを利用していたところ、フローリングに塗料みたいなものがこびり付いてしまいました。

 ワックス剥がしとメラミンフォームでこすったらなんとか落ちたのですが、床を守るために使った道具のせいで床が傷つくという裏目に出たのに、めっぽう落ち込んでおります。
…今後、チェアマットの購入を考えているひとは、シンプルで透明なできればポリカーボネート製を買われることをオススメします。
 でまあ落ち込んでばかりもいられず、また重量のあるアーロンチェアを(古めの)住宅用マンションで使うのはちと心配だし、敷物としては良い案配なので工夫してこのまま使えないかなあとあれこれ調べ中です。
 滑り止めマットを敷くというのを検討したのですが、滑り止めマットもどうやら床に張り付いてしまうのだそうな。
じゃあ、安価なチェアマットを下敷き替わりに買ったらどうか!?みたいな、なんか本末転倒なアイデアが目下最有力だったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です