進撃の巨人4巻読みました

 諌山創によるマンガ作品、「進撃の巨人」の4巻を読みました。
それまでの非常にスピーディなストーリー展開と異なり、今回は主人公達の訓練兵時代の人間ドラマをスローなペースで描いています。
 その描写になって最初に気になったのが絵の荒さでした。
物語にスピード感や喪失感があるときには、何をしでかすか分からないあの絵が魅力的だったのですが、物語や登場人物たちの感情を積み上げて行くような物語を描く場合、足を引っ張っているなという印象でした。
 特にキャラクターの表情が分かりづらく、キャラクター同士の間にある空気感が分からなくなってしまい、極端な話そのシーンがギャグかどうかすらも判断出来ません。
 結構深い人間描写をしているのにもったいなあと思いました。
 一方で過去シーンが終了した後の、悲惨な現実の描写は秀逸で、また次巻に続く新たな伏線に関しても非常に興味深かったので、次巻は相変わらず楽しみです。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn