デスクトップPCの動向が気になるのだけれど

 一時とても高かった、SSDやメモリが安くなってきたので、その影響がメーカーのデスクトップPCのスペックに影響しないかなあと動向に注目しています。
と言いつつぼくは、PCでゲーム、4K動画編集、3DCG辺りのいわゆるハイスペックが必要な作業をしないため、自分にどれくらいのスペックが必要なのかハッキリ分かっていなかったりしますが(汗

 先日新調したノートPC XPS15を触ってみてデスクトップにも欲しいなあと強く感じたのが、内蔵M.2 SSDの1TBできれば2TBくらいの容量でした。
SSDで1TBあれば、作業中ファイルの保存場所をまとめてSSDにしてDropbox同期出来るのでありがたいなあと。
…昔であれば高価になる希望ですが、今だと結構お手軽価格でいけそうに感じるのだけどなあ。

 ちなみにPCのディスクスペースでいうとアーカイブファイルなどを残すのもHDDではなく、DropboxなどのCloudサービスにした方がバックアップや管理も安心で楽そうなので、試していますが、今はDropbox容量不足でこの辺も調べたいところです。

 ついでにメモリは現状が32GBだからそれの維持か64GBが良いなあくらいの漠然と感じています(笑

 という案配にいざ欲しいものを調べると、あんまり希望が絞れてないって感じですが、PCの物理的な故障などの寿命から考えると、仕事道具としてはそろそろ欲しい物を絞っておかないとなあというタイミングなのでここから改めて勉強していきたいところです。
 ただ、仕事でも使うPCなので万一のトラブルを考えて、メーカーが組んだものを利用するようにしているので、メーカーが採用しているパーツの範囲内での選ぶ必要があるので、あんまりマニアックなパーツは選べなかったりもしますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です