トラックボールを使ってみてパソコン操作時の姿勢を意識した

トラックボールを試してみて、手先の作業より頭を使う時や、リラックスしてPCを操作する時には、圧倒的にトラックボールが楽と感じるようになりましたが、その理由の一つが操作する時の姿勢かなと思いました。

マウスとトラックボールを使う時の姿勢と腕を支える部分の違い

マウスを操作するときは、やや前屈な姿勢で肘を浮かせて、手のひら(小指球と手根辺り)を机につけて、主に薬指と親指で操作をしています。
一方でトラックボールは、やや後屈(背もたれにもたれかかるよう)な姿勢で肘を机において(上腕骨内側上顆辺り)、手のひら(母指球辺り)をトラックボールに乗せて親指で操作をしています。
…恐らくこの後屈で肘を乗せた状態が体幹の負担がすくなく、視野も広くなるので、リラックス出来るのかなと感じています。

「手の表」と「手の裏」どこが「手の甲」「手の平」? | 言葉の救急箱

フィットネスの勧め 体に関して

肘の負担が結構大きい

楽と感じることの多いトラックボールですが、肘の負担は結構大きいようで、特に腕を使うワークアウトの後などは上腕骨内側上顆辺りが擦れるような痛みがありました。
痛み対策にとりあずハンドタオルを敷いてみたところ格段に楽になりました。
…トラックボールを操作する右肘の楽さにもしかしてと、主にキーボードを操作する左肘下にもハンドタオルを敷くとこちらも滅茶苦茶楽になりました。
実は結構肘に負担がかかっていたようです。

ひとまず肘サポーターから

パソコン操作用の肘クッションについて少し調べたところ、エルボーレストという名称で商品展開がされているようです。
…パソコン操作方法やら机の形状などからぼくの場合は肘が肝でしたが、肘よりも手首のクッションの方が商品数も多く、リストレストという商品の方が一般的なようです。
早速、エルボーレストを買おうか思うも、色々な意見を聞き、またワークアウトへの流用も考えて肘サポーターから試してみることにしました。
(使い心地に関してはまた後日)

エルボーレスト“ELVE”

HyperX Wrist Rest リストレスト 疲労軽減 低反発クッション 人間工学デザイン 2年保証 HX-WR

トラックボールとマウスの使い分けが良いかも

姿勢の違いや負担がかかる部位の違いなどから、トラックボールとマウスを作業内容や疲労具合に応じて使い分けるのが良いかなと改めて思いました。
同時にエルゴノミクス(ハードウェアやソフトウェアなどを、快適で使いやすい道具にするための設計・デザイン、および、それに関する研究分野)に対する興味も強く持つようになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です