小保方晴子さんの危険な香り

 STAP細胞ねつ造疑惑で話題の人になっている小保方晴子さんですが、ぼくの中の「あいつは危険だ」というセンサーがすごい反応をしています。
って会見での言葉とかの分析ではなく、直感めいたもので信憑性はあんまり無いのですが、つらつらと書いてみます。
 ネットの意見などを見ていると「可哀想」などに混じって「今回の件はともかく小保方さんは凄い人なのは間違いない」ということをまことしやかに語る人がいましたが、おそらく理化学研究所も彼女に対してそういう評価をして、彼女を大抜擢した挙げ句に今回の騒動に至ったのだろうと思っています。
 「あいつは凄そうだ」と他人に感じさせる能力は非常に重要ですし、相手に対して「あいつは凄そうだ」と感じたら思い切って大抜擢する器量もまた重要だと思いますが、そういう大抜擢に対しては採点が重要だと思います。
 小保方さんが抜擢の結果で与えられた様々な物や、このままならばこの先与えられ続けるであろう様々な物を考えると、今回の騒動は「あいつは凄そうと思ったら危ない」と、一度は見切りをつけるタイミングだったと思います。
 にも関わらずマスコミやネットなど多くの人が彼女に対して「あいつは凄そうだ」という意見を会見を通して感じており、それを端からみているぼくは、冒頭の「あいつは危険だ」という感覚を強く受けました。
 ちなみに、STAP細胞のねつ造の有無などについては、学会でのルールに則った決着が済むまではまだ分からないし、もしかしたら小保方さんは本当に凄い人だったと名誉挽回する可能性もゼロではないと思っていますが、分野はなんであれ「あいつは凄そうだ」と思って見るのは止めようと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です