2014年 春アニメについて

 ひとまず最初の一週間様子をみましたが、いわゆる一週切りはありませんでした。
ということで、今期は毎週10タイトルチェックとなりました。
 個別の感想は追って書くとしておおざっぱにグループ分けすると、
 無難に面白いのが以下で、いわゆる今時のアニメ作品独特のクセが無い作品で、しかもクオリティが高く、素晴らしい映像作品だねえなんて思いながら観られます。
…ぼくは、安心しながら焦らずじっくり楽しみにしている感じです。
・蟲師
・ピンポン THE ANIMATION
 ファンタジーをまじめに描いているので慣れないとこっぱずかしくなるけれど、それが好きな人にはたまらない感じが以下
…こちらも安心しながら焦らずじっくり楽しみにしている感じです。
・ジョジョの奇妙な冒険 第3部 -スターダストクルセイダース-
・ブレイクブレイド
 今時のアニメ独特の萌え系の味付けがされているので、それなりにアニメ慣れしていないと、拒否反応を起こしてしまうけれど、慣れてしまうと病みつきになる感じが以下。
…展開に多少の不安を覚えつつも、観ると楽しめている感じです。
・龍ヶ嬢七々々の埋蔵金
・魔法科高校の劣等生
 今時のアニメ独特の萌え系の味付けに加えて、サブカルって新しいセンスとかがあるのかもみたいな要素も入っているのが以下。
…次週を一番楽しみにしながら観てますが、期待が大きい分不安も大きい感じです。
・シドニアの騎士
・メカクシティアクターズ
 無理な人は無理でしょうから無理せずに、無理で無い人だけ楽しんで下さいってのが以下。
…極黒のブリュンヒルデはちょっとスキになってきて、監督不行届はやっぱ短すぎるのがつらいとなって来ています。
・極黒のブリュンヒルデ
・監督不行届

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です