ラフスケッチって高度なコミュニケーションだと思う

 ドラクエの「堀井雄二のラフスケッチ」と「鳥山明の絵」を比較してみるという動画がとても興味深いです。(これ権利とか大丈夫なのかな)
 この比較は大昔に雑誌か何かで見たことがあって、当時は「鳥山明すげぇ」「堀井雄二へたっぴだ」というリアクションだったのですが、プロのデザイナになって改めて見ると、「堀井雄二の指示分かりやすい!」と感じるようになりました。
 モンスターの絵を描くに関しては鳥山明さんが上手に出来るのですが、ドラクエというゲームにどんなモンスターが必要かは堀井雄二さんが一番よく知っていて、その橋渡しをきっちりしていて、それを最高にブラッシュアップしてくる鳥山明さんってすげえなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です